読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中辻道明 ネットショッピングと店頭


先日散歩をしていると沢山の荷物を持った方とすれ違いました。
大変な大荷物でフラフラしつつもその表情はどことなく少し満足げで、何故か羨ましいと感じてしまいました。
ここ最近は専らネットショッピングな中辻道明です。
ワンクリックという指の労力と商品代で家まで欲しい物を届けてくれるネットショッピング。
実物を見れるか見れないか、触れるか触れないか、そんな違いさえどうでもよくなるくらい楽を覚えてしまっています。
1度買ったことのある商品であれば尚更店に足を運ばずとも、ネットで多めに注文すれば効率もいいです。

それなりに活用して楽しんでいる僕が何故羨ましさを感じてしまったのか。
それはおそらく店頭でスタッフの方と話して悩み抜いて、現物の重さを得て「今日、僕はこれを買ったんだ!」と
家までの帰路で実感する”達成感”というものに関係するのではないかと思いました。
ネットショッピングを利用する以前に比べて、その達成感と商品への愛着は薄れたように感じます。
ワンクリックで買えるのであまり悩まなかったり、ある程度のキーワードで探せば出てくるからと名前をはっきり覚えようともしなかったり。

そんなことを考えたら、大事な買い物は店頭に足を運んで決めようかなぁと思いました。
そんな話をするのも、

 

headlines.yahoo.co.jp

 

上記のような話を聞いたからでもあります。
今まで当たり前のように利用していた宅配サービスですが配送料が引き上げられるとのこと。
残念ではあるけれど今の時代に頑張ってくれた!と賛辞を送りたいです。
しかしこれも全商品というわけでもなく、”Amazon.co.jpが発送する書籍とAmazonギフト券の送料は今後も無料。”
と記載があるのでよく商品を見てから買ったほうが良いと思う。

買い物がしやすい世の中にはなったけれど、それに伴ってもう少しお金の流れもスムーズにいってほしいなと思う今日この頃でした。

 


それでは、中辻道明でした!